2013年

7月

25日

KuLOs フェアトレードリレー Vol.9

さてさて、しばらく止まっていたフェアトレードリレー再開です!

今回は国際4年の静岡です^^

 

1.自分にとってフェアトレードとは何か?

 私にとってフェアトレードは、「手軽な国際協力」であり、「いろんな人とつながるきっかけ」です。

みんなの身近な「買い物」を通して途上国のサポート、途上国と先進国の関係の改善ができる。それがフェアトレードだと思います。それと同時に、フェアトレードについて考え、行動に移す中で学内でも学外でもいろんな人との出会いにつながっていると思います。

 何が言いたいかと言うと・・・途上国・先進国という大きな枠組みだけでなく、それに関わる人々自身にとってもよい影響を与えられるもの=フェアトレード なのかな、と思ってます^^

 

2.なぜKuLOsに入ったのか?

 鍋ちゃんも以前書いてましたが、私は入ったというよりは一緒に立ち上げたっていうのが正しいのかな?

 最初はフェアトレードのみならず、世界のいろんなことについて学んでいきたいねってことで国際学類の仲間たちで集まったのがKuLOsの始まり。もともと国際交流・国際協力に興味あったし、なにより仲間たちと過ごす時間が楽しかったから、というのが私のKuLOs入会(発起)のきっかけかな。

 

3.実際KuLOsってどんな団体か?

 学年を超えて意見言いあえる雰囲気をもった団体。勉強会だけでなくイベントの企画・参加をするなど、活動のバランス具合がちょうどいいのもいいところかな。

 新メンバー、留学帰りの4年生、そしていままで運営してきたメンバー、学類超えて国際色豊かになっていければもっといいね(^^)

 

4.これからKuLOsで何をしていきたいか?

 確かにフェアトレードの認知度増やしていきたいってのも一つ。

それ以上に、私にとって今年度がラストの学生生活になるかもしれないので、何よりも「楽しく」「思い出に残る」ことをしていきたいです!

 ・ミーティング以外でのKuLOsの仲をもっと深めたい!(打ち上げとか旅行とか?)

 ・実際に現場に行けるといいね!

 ・学類・性別問わずにもっとメンバー増えるといいね!

 

9月・10月イベント満載!準備大変だろうけど楽しみながらフェアトレード広めてこ!!

 

以上、私のフェアトレードリレーでした!