FTSNとは?

FTSN(Fair Trade Student Network)とは、学生を中心として、フェアトレードを知りたい、広めたいという人たちがお互いにつながり、それぞれの活動を高めあっていくためのネットワークです。

KuLOsはFTSNの北陸エリアです!

FTSNは、フェアトレードを、途上国の貧困問題や環境問題を乗り越えるひとつの手段として、 また人々がこれらの問題の根本にある社会・経済構造そのものに目を向けるひとつのきっかけとして、 位置づけ 、日本におけるフェアトレードのさらなる普及を目指しています。
2010年11月現在、FTSNは、関東・関西の支部と、北海道のエリア[*1]によって構成されています。
日本には、フェアトレードを普及させていこうと、日々活動している学生がたくさんいます。出会う+繋がる→今までにない新たなパワーに、そして大きなムーヴメントへ!FTSNは今後さらに多くのフェアトレードに取り組む学生を繋げて、より広いネットワークを目指していきたいと考えています。

 

[*1 各支部・エリアの定義]

 

支部
  • 3団体以上が加盟し、月1回以上のミーティングを行っている
  • 年間を通して2回以上、支部主催の企画やイベントを行っている
  • 代表、副代表を擁立し、支部事務局を構成している
  • 支部代表はFTSN事務局会議に参加することが可能である
エリア
  • FTSNに個人またはひとつの団体が加盟している
  • その中から1人が「有志」としてFTSN事務局運営に参加している
  • 定期的なミーティングは必要としない
  • エリアとして2年以上運営が続けられた場合、支部昇格を行うかどうかFTSN事務局で協議する

FTSNのミッション

私たちのミッションは、フェアトレードを通して、格差を生み出す社会・経済構造に目を向け考える人を増やすことです。


FTSNの活動

  • フェアトレード普及のためのイベントやキャンペーンの開催ファッションショーやシンポジウム、キャンペーンを通して、フェアトレードを広めていきます。
  • フェアトレードに関する情報の蓄積・共有・発信フェアトレードに関する情報の蓄積、MLなどによる情報の共有、メルマガなどによる情報の発信などをおこなっていきます。
  • 勉強会フェアとは?顔の見える関係って?フェアトレードを発信するためにも自らフェアトレードを勉強し、フェアトレードが必要とされる背景についても知識を深めていきます。
  • フェアトレード学生サミット年一回の全国合宿、各支部で定期的な合宿を行っています。
  • また、学生が自ら輸入するフェアトレード商品の販売網の拡大など、相互の協力を促進していきます。